読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来食堂日記(飲食店開業日記)

あなたの”ふつう”をあつらえる、未来食堂が開店するまで

2015年秋開店予定。神保町が第一候補。
本当に神保町徒歩3分の物件が見つかりました。
千代田区一ツ橋2−6−2 日本教育会館様B1。小さな定食屋です。

EDITORYスタッフ横尾さんの送別会ケータリングを担当しました

ケータリング

こんにちは。
このブログは『あなたの"ふつう"をあつらえる』未来食堂が開店するまでの日記です。
 
OPEN差し迫った(4日後!)日々ですが、先日EDITORYスタッフ横尾さんの送別会ケータリングを担当しました。今日は簡単にその報告をしようと思います。

 

なぜケータリング?

『神保町でお店がしたい』と思った時に出会った、同じく神保町のソーシャルスペースEDITORYさんのイベントを主にケータリングしています。お店の宣伝になるのは勿論のこと、未来食堂は「お客様の希望を聞いて、そのお客様だけのおかずをあつらえる店」なので、それぞれにコンセプトが違うイベントのケータリングはとてもよい修行になります。詳しくはこちらを御覧ください。

 

コンセプト

みんなでワイワイ華やかな感じをイメージして手巻き寿司に。
送別だからとしんみりするよりも、おめでたい料理を出して賑やかにしたいです。

 

私と横尾さん

顔見知りを除き、初めて未来食堂の話を聞いてくれた人が、横尾さんでした。
「未来食堂を作るんだ!」と決めて会社をやめ修行を始めた頃、本当に心細くて、『おかずのオーダーメイドなんてほんとに出来るんだろうか』とか、『そもそもオーダーメイドなんて誰も求めていないかも』等、「いける」と確信するのと同じ分量で不安も抱えていました。
そんな中、初めてEDITORYに足を踏み入れ、話を聞いてくれた相手が横尾さん(と他のスタッフの方々)でした。
すごい面白そう〜未来食堂行きたい〜とふんわか自然に受け止めてくれた横尾さんが、本当に本当にありがたかったし、不安を抱え今までとは違う環境で修行に励む自分の、ともしびでした。
イベントのケータリングをやるようになった経緯、得た気付きなど - 未来食堂日記(飲食店開業日記)
 
ケータリングもいつも美味しい美味しいと言ってくれ、そういう何気ない積み重ねが光となって、未来食堂開業までの道のりを照らしてくれました。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/miraishokudo/20150707/20150707135126.jpg
 
そんなわけで、開店前で忙しい時期ではありますが送別会のケータリングはお引き受けました。
と、話すときりがないので、この辺りでケータリングの話に戻ります。

 

当日

f:id:miraishokudo:20150909001233j:plain:w300

 
色んな具材を並べて好評でした。手巻き寿司ってみんなで食べるから美味さもひとしおです。
f:id:miraishokudo:20150909001238j:plain:w300
 
「ご飯が美味しい」と沢山の人に褒めていただきましたが、おそらくおひつのお陰です。水気がいい感じに飛ぶので、ご飯の味が濃くなるように思います(未来食堂ではおひつからご飯をよそい放題ですよ)。
f:id:miraishokudo:20150909001241j:plain:w300
 
未来食堂がお世話になる魚の卸さんに初発注。開店練習を兼ねれて良かったです。
f:id:miraishokudo:20150909001244j:plain:w300
 
卵焼き。酒のあてにもなるように甘みも濃い目に。

 
横尾さんはもちろん、未来食堂のまかないに来てくれます(14日。オープン2日目です)。
50分手伝いで一食サービスの”まかない”
 
開業までの心細い毎日で、どんなに救われたか計り知れません。
横尾さん、いつもありがとう!
そして来週はよろしくお願いします。
f:id:miraishokudo:20150909000509p:plain:w300

 
(おまけ)
ケータリングでの一コマ。
f:id:miraishokudo:20150709172720j:plain:w300
横尾さんはいつも美味しそうに食べてくれる。とても嬉しいです。
 

ご覧いただきありがとうございました。いつか、お会いしましょう。
http://miraishokudo.com/

(千代田区一ツ橋2−6−2 日本教育会館様B1。9月13日OPEN。神保町駅徒歩3分)