読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来食堂日記(飲食店開業日記)

あなたの”ふつう”をあつらえる、未来食堂が開店するまで

2015年秋開店予定。神保町が第一候補。
本当に神保町徒歩3分の物件が見つかりました。
千代田区一ツ橋2−6−2 日本教育会館様B1。小さな定食屋です。

NPO法人バブリング設立記念パーティーのケータリングを担当しました

こんにちは。
このブログは『あなたの"ふつう"をあつらえる』未来食堂が開店するまでの日記です。

先日、NPO法人バブリングの創立パーティにてケータリングを担当させて頂きました。
f:id:miraishokudo:20150603195551j:plain

 

バブリングとは

一般市民、主にセクシュアル・マイノリティとそれを取り巻く人々に対し、カミングアウトという行為を通じて、ありのままの自分を表現することを支え、あるがままの他者を許容できる社会を目指している。
NPO法人バブリング | かながわNPO情報サイト 「KaNaPiO・ステーション」

f:id:miraishokudo:20150603194434p:plain:w300
NPO法人 バブリング | 「大切な人へのカミングアウトを応援したい」

 

未来食堂と似ている

ケータリングの依頼を受け、”どんな団体なんだろう”と上記の趣旨を読んだ瞬間からこのケータリングは絶対受けたい!と、強く響くものを感じました。

『カミングアウトを応援する』
素晴らしい考えだし、未来食堂の理念とも一致します。
 
そのことを話す前に、”LGBT”と自分の親和性が高いという共通点を先に。。
自分が会社員だった頃、社内のLGBTコミニティに属していて、かつ、会でほぼ唯一の『名前バレ』を引き受けていました。色んなカミングアウトをされたこともあるし、それらはすべていい経験だったと思っています。

 
『自分の”ふつう”が笑われるかもしれない』
だれもが抱えているこんな不安を、バブリングは(主に)セクシャルの面から立ち向かおうとしています。
そして未来食堂は、食の面から、立ち向かおうとしています。

 
自分は元々、偏食でした。
『自分が美味しいと思うものが、変だったらどうしよう?』という不安は、今でも薄く胸内にあります。
でもそんな自分だからこそ、『その人が”ふつう”だと思っている食事を、(それが正しい否かの物差しで測らず)、ただ聞いて、その一品を同じ立ち位置でつくりあげよう』と強く思います。そして、その思いは”未来食堂”として形を迎えつつあります。
 
(自分の過去や思いは、自己紹介にまとめました…。ご参考まで)
自己紹介やこのブログについて - 未来食堂日記(飲食店開業日記)


 
バブリングの信念は、

一般市民、主にセクシュアル・マイノリティとそれを取り巻く人々に対し、カミングアウトという行為を通じて、ありのままの自分を表現することを支え、あるがままの他者を許容できる社会を目指している。

 
未来食堂の信念は、

お客様の希望に沿ったおかずを作る"あつらえ”を通して、"誰もが受け入れられる場所”を実現する飲食店

 
やはり似ています。未来食堂として、やるっきゃない!。そんな気持ちになりました。

 

打ち合わせ

依頼はメールで頂いていたので、初顔合わせ
にも関わらず、社内で行っていたLGBTコミュニティの話や未来食堂の目指す未来など、全く話は尽きず気がづけば数時間経過。

 

コンセプト

『会の設立にあたり、参加してくれる人たちに感謝の気持ちを伝えたい』とのこと。
そのために、手作り感を重視したい、バブリングのマークをベースにケータリングで手作り感が出せないかという話に。
 
”イベントでよく使うミニカップは装飾できるよー”と、絵を書いたり、シールを張ったりしてイメージを伝えました。
f:id:miraishokudo:20150603194738j:plain:w200
 
f:id:miraishokudo:20150603194803j:plain:w200

 
食事については『鮭おにぎりたこさんウインナーが食べたい!』というリクエストを受け、ミニお弁当をつくります。
f:id:miraishokudo:20150603194901j:plain
 
容器から試行錯誤。
いつも使うカップだとはみ出てしまう、、
f:id:miraishokudo:20150603195010j:plain:w200
 
お皿に載せてみたりもしたけれど、
f:id:miraishokudo:20150603194901j:plain:w200
 
結局はカップをワンサイズ上げることで解決。
f:id:miraishokudo:20150603194942j:plain:w200
 
 

当日

90人分を用意していきます。

これがデザートの杏仁豆腐(5リットル!)
f:id:miraishokudo:20150603195402j:plain

 
これが「ミニ鮭おにぎり」(90個!)
f:id:miraishokudo:20150603195429j:plain
この写真で45個位。

 
玉子焼きも90人分。
f:id:miraishokudo:20150603195515j:plain


スタッフの皆が紙コップにアイコンシールと、アイコン同色のマスキングテープをペタリ。
手作り感がでていい感じです。
f:id:miraishokudo:20150603200310j:plain

 
当日は挨拶する機会も頂きました。
f:id:miraishokudo:20150603200328j:plain
 
想像以上の賑やかさだったため急遽椅子に登って演説。たはは。
f:id:miraishokudo:20150603200340j:plain
 
緊張するとおもいきや、未来食堂とバブリングが似ていること、同じ未来を目指していることを語っているといつしか緊張も忘れ、一生懸命語りかける自分がいました。
 
偏食だった過去を人前で話したのは初めてで、少し拙い演説でしたが、いい機会を頂きました。
f:id:miraishokudo:20150603200401j:plain
 
f:id:miraishokudo:20150603200424j:plain
 
 
『手作り感』を大事にするイベントに、すこしでも寄り添えたかなと思います。
 
信じてる未来に向かって”未来食堂”を作る日々は、ともすると孤独を感じますが、同志がいるんだと、一人じゃないんだと、感じることの出来た一日でした。
 
私も頑張らないとな。

 
ご覧いただきありがとうございました。いつか、お会いしましょう。
http://miraishokudo.com/

(千代田区一ツ橋2−6−2 日本教育会館様B1。9月OPEN予定。神保町駅徒歩3分)