読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来食堂日記(飲食店開業日記)

あなたの”ふつう”をあつらえる、未来食堂が開店するまで

2015年秋開店予定。神保町が第一候補。
本当に神保町徒歩3分の物件が見つかりました。
千代田区一ツ橋2−6−2 日本教育会館様B1。小さな定食屋です。

TOKYO LOCAL THINKING第七回のケータリングを担当しました

ケータリング

こんにちは。
このブログは『あなたの"ふつう"を誂える』未来食堂が開店するまでの日記です。

 
先日、お世話になっているソーシャルシェアオフィスEDITORYさんのイベントケータリングを務めました。

※EDITORYさんとの出会いや経緯はこちら

 

今回のイベントは「TOKYO LOCAL THINKING」

TOKYO LOCAL THINKING はEDITORYさんが主催しているイベントです。
Tokyo Local Thinking | Think! Tokyo Local | 神田で考える、「街のつくり方」
 

新旧の価値観が交錯する地域、千代田区神田。THINK! TOKYO LOCALプロジェクトでは、
この神田エリア周辺をプロジェクトの場所=TOKYO LOCALエリアと定義し、様々な取り組みを進めていきます。

街に対して想いのある人、今後このエリアで新しいことをはじめたい人、
もっと街のことを知りたい人など様々な人が月に一度のペースで集いアイデアや知識を交換し合うイベント。それが「TOKYO LOCAL THINKING」です。

 
なんと!
奇しくも神保町で定食屋を始めたい自分にピッタリです(千代田区神保町は神田のすぐとなり)。

普通に会のメンバーになれるだけでも嬉しいのに、ここにケータリングを持っていけるとは身に余る光栄です。お話が来た時さっそくお受けしました。

 
会は夜19時から。お腹が空く時間帯です。
小腹が満たせるようなものを作って欲しいとのこと。
聞けば以前から「軽食が出れば嬉しい」の声がちらほら上がっていたそうです。

 

問題は”予算”

今回初めてお金を取るということもあり、皆さんが気軽に出せる金額を設定したいとのこと。
気軽に出すなら一人数百円くらいでしょうか。

結構無茶です
でもなんとか出来るはず。
自分としても未来食堂のPRを兼ねられるし、ぜひともお受けしたい。
どうすればいいか策を練りました。

 

”おにぎり”を120個

閃いたのがおにぎりです。
米だったらそんなに高価なものでもありません。
片手で食べられるので、イベントで話し合いをしながらでも邪魔になりません。

ただのおにぎりでは面白く無いので「土鍋ご飯のおにぎり」として告知して頂きました。

問題は人数。55人程度
考えただけでも大量のおにぎりです。
でもきっと何とか出来るはずです。

 

おにぎりの海

当日、30合ほどのお米を炊きながら、ひたすらおにぎりを握り続けました。

ちなみに使用した器具はこちら。

マジックおにぎり型 大 WE-116


マジックおにぎり型がなければ30合の白飯の海に溺れていたと思います
マジックおにぎり型、本当にありがとう

 
握りだして、意外と時間を取ることに気づいてからは時間との戦いでした。
かなり開始時間きわどく涙もでそうになりましたが、
60個くらい握った所で光が見え始め、おにぎり速度が上がっていきました

 
こちらが全景。おにぎりの海といった趣です。
f:id:miraishokudo:20150408002158j:plain


 
よく見るとおこげがところどころ混ざっています。
f:id:miraishokudo:20150408001821j:plain

 
この不思議な海苔の形は中身を判別するため。
f:id:miraishokudo:20150408001555j:plain

「中は食べてのお楽しみ」も楽しいのですが、それでは食品アレルギーのある人が食べられません。
シールを貼る手間も惜しかったので海苔で表現しました。

f:id:miraishokudo:20150408002157p:plain


一人2つの約60人分、計120個。
人生でこんなに大量のおにぎりを握ったのは初めてです。

次回は「金額を上げてもいいから片手間で食べられてお酒に合うもの」とリクエスト頂きました。
これも工夫の余地がありそうなリクエストで、どうなることか今から楽しみです。



いつか未来食堂で、マジックおにぎりの実演ショーでもやれたらいいですね。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、お会いしましょう。
http://miraishokudo.com/